普段の手入れで革製品は長持ちする

重厚かつ上品なルックスにやさしい肌触り、そして強固な耐久性、経年変化による味わい深くなる質感など、さまざまな魅力に溢れている革製品。合皮など優秀な人工素材が生み出されていますが、未だに革製品は根強い人気を誇っています。そんな革製品ですが、弱点もあります。一旦汚れがついてしまうとなかなか取れなかったり、放置していると更に落ちにくくなってしまいます。また、水分に弱いです。革は水分を吸収しやすく、衣服のように簡単に洗濯もできません。雨が降って来たら早めにしまい込むなど、管理にはちょっとした工夫・コツが必要になります。また、しまい込む際はもちろん、お部屋で管理する際も、きちんと収納しておかなければすぐにシワやキズとなってしまい、こちらもなかなか取ることができません。日々の管理・お手入れによって、革製品の寿命を一日でも長くのばしてあげましょう。

革製品の弱点・汚れはすぐに落とそう

先述の通り、革製品は雨・水分に弱く、日常生活の上で積もってしまった汚れを放置するとなかなか汚れが落ちません。また気軽に洗濯もできないため、こまめにチェックして汚れていないか確認する必要があります。黒ずみや部分的に汚れている場合は、消しゴムタイプのクリーナーが役に立ちます。使い方は簡単で、消しゴムのようにゴシゴシとこするだけで汚れが落ちて行きます。注意点としては、あまり力を入れ過ぎると、汚れと一緒に革の生地まで削れてしまい、生地の色が薄くなってしまうということです。傷が取れない場合は、専用のクリームを使用します。乳化性クリームが一般的ですので、そちらを用意してください。靴の場合は靴墨である油性クリームがおすすめ。水に濡れた場合も、放置するとカビ・シミの原因となります。乾いた布で拭き取り、よく乾かしましょう。

日々のこまめな手入れで、きれいに長持ち

日々のお手入れとして、まず使ったら軽く拭きましょう。カバンや靴などは一日使うだけで汚れ・埃が付着します。柔らかい布、もしくは革製品用のクロスを使用しましょう。靴は特に、拭く前に一度ブラシで埃や汚れを払ってから拭きましょう。汚れが表面に乗ったまま拭くと、革の表面を傷つけてしまうことがあるからです。革のジャンパーなどは、ブラッシングをしたあと、デリケートクリームなどで汚れを取りましょう。ベタつきにくくおすすめです。他にもひび割れを防ぐために、オイルを塗るのも効果的。お手入れの番外編として、日々の使い方について。靴などは特にそうですが、長持ちさせるには「毎日履かない」という方法があります。一日着用・履いていると汗や外気温にさらされる訳で、毎日酷使するとすぐにダメになってしまいます。間隔を開けて使用することにより、休ませることができ、より長持ちするようになるのです。