革製品の性質を理解してますか?

最初に誤解されやすいのですが、皮と革は異なります。皮は動物の皮膚などを剥いだままの状態のことを指しますが、革は人の手によって加工されたものとなります。加工される工程があって初めて靴や財布などの革の商品となり、市場に流通します。ひとえに革といっても種類や商品はたくさんありますし、革製品はとても繊細ですが、お手入れの正しい方法を知っておけば長持ちしますし、磨くたびに美しい光沢も出てきます。革は汚れて時間がたってしまうとその汚れ自体が革の中にまで染み込み落ちにくくなってしまいますので、少し汚れたなと思ったらすぐに拭き取ることがポイントとなります。革のお手入れ自体は簡単なものばかりですので、長持ちをさせたい革製品があったらぜひ試してみましょう。

革製品のお手入れ方法とポイント

革製品にも財布やバッグ、靴など様々な商品がありますが、実はお手入れの仕方はほぼどれも同じだと思っていいでしょう。革は表面に汚れがついたと思ったら、まず乾いた布で拭き取ることが重要です。そのときは、柔らかい布を使うことがポイントとなります。硬い布で拭くと表面が摩擦を起こし、傷の原因になりますので気をつけましょう。革製品が濡れてしまったときも同様です。革にとって水は大敵ですので、気づいたら早めに拭き取り直射日光は避けて陰干しをすることが大切となります。自然乾燥をさせた革製品は、クリームで塗りこんで栄養を与えてあげると元の状態に戻ります。革財布などの場合は、ポケットにしまうとこれも摩擦が起こり傷みやすい原因となりますので、なるべく鞄にしまうようにしましょう。

お手入れに必要なものは靴屋に揃っています

豆知識として、革製品を取り扱っている靴屋にお手入れに必要なものはすべて揃っています。また店員はプロですので商品知識があります。困ったときは尋ねてみるのもいいでしょう。ベストなお手入れ方法を教えてもらったりお手入れ用品をすすめてくれたりします。そして、革の汚れを取り除くブラシや光沢の出るクリームなども靴屋で売っています。つまり、汚れをとるために専用のブラシではらってからクリームを塗るという手順でお手入れをすると、傷がつかずにすみます。また、クリーナーとクリームが売られていると思いますが、クリーナーは汚れをとるためのもの、クリームは色やつやの保持という役割があります。革製品は使えば使うほど味が出てくる商品ですので、毎日愛情をかけながらお手入れすることがポイントとなります。

着る時間が長い仕事着だからこそ、安心安全で高品質にこだわった品揃え、季節に対応した素材で、快適な仕事をサポートします。 イベントや文化祭でお揃いののつなぎを提案致します。 定番のつなぎからエプロンまで、品揃え豊富なワークウエアであなたの作業スタイルをスタイリッシュにデザインします。 つなぎ専門ショップOKAYAMA